アイルランド

アイルランドのVAT還付を受ける方法

アイルランド以外の国で事業登録がある企業であれば、アイルランド国内で発生した費用に対し、VAT還付申請を行うことができます。
以下は、アイルランドにおけるVAT還付対象項目の種類、VAT税率、申請締切日、還付申請期間を記載した、VAT還付申請の詳細情報です。
アイルランド|円形フラッグの視覚装置

Where is your company based?

EU

BASED BUSINESSES

eu map transparent|付加価値税IT|付加価値税還付アイルランドガイド

EU加盟国のVAT登録事業者は、EU VAT指令に基づき、アイルランドでのビジネス費用に課税されたVATを還付するこができます。

NON-EU

BASED BUSINESSES

non euマップ トランスペアレント|VAT IT|付加価値税還付アイルランドガイド

EU加盟国外のVAT登録事業者は、EU第13号指令に基づき、アイルランドでのビジネス費用に課税されたVATを還付するこができます。

アイルランドにおけるVAT:概要

アイルランド共和国では、欧州連合(EU)加盟する直前の1972年11月1日に初めてVATが導入されました。アイルランドは、EUの最低基準である15%をわずかに上回る16.37%のVATレートを設定しました。


アイルランドの標準税率は導入以来、十数回にわたって上下し、1980年代には35%にも達しました。最近では、標準税率は比較的安定していますが、アイルランドはVATのカテゴリーを年に2回の頻度で微調整しています。現在の標準税率は23%で、EUの中で最も高い水準にあります。 

アイルランドにおける現在のVATレート

アイルランドでは、VATの税率を5つのカテゴリーに分類しています。

  • Standard rate (23%)―家具、車、法律サービスを含む、ほとんどの商品とサービスにはこの標準税率が適用されます。
  • Reduced rate (13.5%)―この軽減税率の対象となる商品・サービスには、特定の建築サービス、燃料、写真用品、清掃・メンテナンスサービス、ツアーガイドサービス、馬やグレーハウンドの供給、一部のアンティークや美術品の輸入が含まれます。
  • Second reduced rate (9%)―新聞、定期刊行物、一部の電子書籍などがこの軽減税率に該当します。2023年2月までは、文化イベントの入場料、理美容サービス、持ち帰り用の温かい食べ物も、この第二軽減税率の対象となります。
  • Livestock rate (4.8%)― この特別低く設定された軽減税率 は、食品加工用の家畜と特定の農産品に適用されます。
  • Zero rate (0.0%)―このVAT非課税カテゴリーには、子供服やおむつなどの必需品、特定の食品、特定の医薬品、書籍、教育サービスなどが含まれます。

さらに、年間売上高が所定の基準以下の農家には、一律5.5%の補償率が設定されています。

アイルランドでのVAT申告方法 

アイルランドにおけるVATの支払いは、歳入オンラインサービス(ROS)ポータルまたは myAccountのいずれかの方法でオンラインで行う必要があります。アカウントは申請より先に登録の必要があります。

以下の支払い方法が利用可能です。

  • ROSデビットインストラクション
  • シングルデビットインストラクション
  • クレジットカードまたはデビットカード(歳入庁が税務を管理している場合のみ)

アイルランドには、1月、3月、5月、7月、9月、11月の1日に始まる2ヶ月間の課税期間が6回あります。この期間中に付加価値税を課税期間終了後の翌月19日に提出する必要があります(ただし、ROSで申告する場合は23日まで)。年6回の申告が標準ですが、納税義務や支払い方法によっては、四半期ごと、年2回、年1回の支払いも可能な場合があります。

アイルランドのVATコンプライアンス

アイルランドのVAT規則を遵守し、還付を受けるためには、以下の事項を正確かつ最新の状態で、少なくとも6年間は記録しておく必要があります。

  • インボイス
  • クレジットノート・デビットノート
  • レシート
  • 会計帳簿および記録
  • 銀行取引明細書
  • レジスターの集計

さらに、申告物は発行されたままの形態で保管する必要があります。例えば、紙のインボイスを発行する場合は、紙のまま保管する必要があります。また、承認された外国為替レートを使用する必要があります。

アイルランドでのVAT還付、コンプライアンス、報告要件、またVAT法全般に関してご質問のある場合は、お気軽にVAT ITまでお問い合わせください。

____________________________________

Sources:

Revenue. Historical VAT Rates. https://www.revenue.ie/en/vat/vat-rates/historical-vat-rates/index.aspx 

Revenue. Current VAT Rates. https://www.revenue.ie/en/vat/vat-rates/search-vat-rates/current-vat-rates.aspx 

Revenue. Payment services guides. https://www.revenue.ie/en/online-services/support/help-guides/ros/payment-services-guides.aspx

Revenue. How to account for VAT. https://www.revenue.ie/en/vat/accounting-for-vat/how-to-account-for-value-added-tax/when-vat-becomes-payable.aspx 

Revenue. VAT records to be kept. https://www.revenue.ie/en/vat/vat-records-invoices-credit-notes/vat-records-to-be-kept/index.aspx 

アイルランドと互恵協定が結ばれている国

全ての国が還付請求可能です

VAT還付申請における互恵主義の詳しい説明はこちらをご覧ください。

アイルランドでの還付請求可能項目

エンターテインメント&ホスピタリティ

play 001|VAT IT|付加価値税還付のアイルランドガイド

エンターテイメント

0%
ベッド001|VAT IT|VAT還付アイルランドガイド

ホテルと宿泊施設

9%
特例のみ
eat 001|VAT IT|VATリファンド・アイルランド・ガイド

レストラン

0%

イベント

マイク001|VAT IT|VAT還付アイルランドガイド

国際会議・展示会・イベントなど

23%
コンベンション001|VAT IT|VAT還付アイルランドガイド

トレーニング、セミナー

23%

その他経費

グッズ001|VAT IT|VAT還付アイルランドガイド

物品の移動

23%
会社情報001|VAT IT|VAT還付アイルランドガイド

企業間取引

23%
chair 001|VAT IT|VAT還付アイルランドガイド

事務所経費

23%
megaphone 001|VAT IT|VATリファンド・アイルランド・ガイド

マーケティングコスト

23%
docs 001|VAT IT|VAT還付アイルランドガイド

プロフェッショナルサービス、APインボイス

23%

出張関連経費

カー001|VAT IT|VAT還付アイルランドガイド

レンタカー

0%
fuel 001|VAT IT|VAT還付アイルランドガイド

ガソリン

0%
鉄道001|VAT IT|VAT還付アイルランドガイド

公共交通機関

0%
| VAT IT|付加価値税還付のためのアイルランドガイド

タクシー

0%

Additional Information

アイルランドへのVAT還付請求はどのくらい前までさかのぼって請求が可能ですか?
前年の1月から12月まで
アイルランドへのVAT還付申請締切はいつですか?
毎年6月30日(インボイス日付の暦年の末日から6か月以内)
アイルランドからVATの還付を受けるには、どのくらいの期間がかかりますか?
申請内容や、税務当局の状況にもよりますが、4カ月ほどかかります。

アイルランドでのVAT還付を検討中ですか?

VAT ITにお任せください。20年以上にわたり、企業の海外VAT還付をサポートしてきた当社には、お客様の還付申請を迅速に処理する知識と技術があり、税務当局からの不測の問い合わせにも対応します。

申請には期限があります。詳しいVATガイドについてお気軽にお問い合わせください。

vatit ヘッダーロゴ|VAT IT|付加価値税還付アイルランドガイド